フォローで選ぶ

声優

最近は、日本でアニメブームが起こっていますが、アニメに影響されて声優になりたいと考える人も増えてきました。もともと裏方の仕事であるにもかかわらず、声優が注目されているのは、タレント性と声優の魅力になるでしょう。そこで、中学生ぐらいからアニメの声優に憧れている場合には高校で専門的に声優に関して学べるところを選ぶべきでしょう。高校の場合は、私立高校などで専門的な学習をすることができるところもあります。ただ、どちらかと言えば通信制高校の方が本的に学べる学校は多い傾向にあります。通信制高校の選び方ですが、1番は卒業まで通い続けることができるところと良いです。そのためには、学校側の仕組みがしっかりしていることが大事です。例えば、通信制の場合によく問題になりやすいのは途中で退学してしまうことでしょう。確かに、1週間の多くは学校以外で活動しているため途中で働くことに夢中になってしまったり学校から離れてしまった場合はなかなかモチベーションアップするのは難しいでしょう。この場合、学校側としてできる事は、生徒に対するアフターケアです。カウンセリングなどを充実させることにより、生徒のモチベーションをアップさせることができます。この点に力を入れている学校ならば、安心して通うことができるでしょう。もう一つは、卒業後の進路になります。しっかりと会社との間にパイプができている学校ならば安心です。

その仕組みを理解したい

女性

声優に関して学べる高校に入った場合、一体どのような仕組みで将来の職業につながるのでしょうか。せっかく声優の学校に入った以上は、しっかりと専門のところに就職をする必要があります。このとき、社会に出て使える人材でなければいけません。そこで、学校側に要求されるのはいかに人を育てるかでしょう。声優として育てるのは当たり前ですが、1つのことに熱心になれる生徒を育てる仕組みが大事です。最近は、競争倍率が激しいため中途半端な気持ちで就職しても途中でドロップアウトしてしまう可能性があります。ですが、うまく得意分野を伸ばすことができれば、社会人になってからも活躍できる人材を育成できるでしょう。勉強内容の仕組みを見ると、基本的に座学になりますがそれだけでなく実習も多いのが特徴です。例えば、アニメのシーンを流してそこに声を当てていく作業が必要になります。多くの人は、本格的にやったことがないため戸惑うかもしれませんが、これを何度も行うことでその流れを掴むことが可能になります。